• 三軒茶屋 三茶 おすすめスポット
  • 「お気に入りだけしか紹介しません!」三軒茶屋在住女性が普段の暮らしの中で見つけたグルメ・ショップ・街情報です。

三軒茶屋おすすめスポット

#022
東京オリンピックメモリアルギャラリー 【ギャラリー】

1964年 東京オリンピックの栄光を
今、見ておきたい!

文 / hiroko

三軒茶屋・三茶 おすすめスポット 希翠(きっすい) 【頭皮と肌の専門店】

聖地にあり

駒沢オリンピック公園のほぼ中央に中央広場と向き合って立つ体育館の地下1階にギャラリーはあります。入り口前にはここ最近オリンピック、パラリンピックで活躍された選手の方々のサイン色紙が並んでいます。これを生で見れるだけでも大変貴重ですよね。1枚ずつ見ていくと選手からの力をもらえること間違いなし。

三軒茶屋・三茶 おすすめスポット 希翠(きっすい) 【頭皮と肌の専門店】

目を奪われる貴重な展示物。

いざ、ギャラリーの中へ。まず目に入ってくるのが1964年第18回東京オリンピック時に使用された選手の公式ユニフォーム。赤いジャケットに日の丸のエンブレム、白いパンツ。なんて日本らしい。日のもと日本国にふさわしい。その横にはメダルが展示されていたり、体験コーナーなどもあり、当時の様子を想像できます。懐かしの名選手、感動のプレーなどのパネルも数多くあります。メダルをみて一番に思い出したのは女子バレーボール「東洋の魔女」。駒沢屋内球戯場で試合は行われ、圧倒的な強さで金メダルをもぎ取りました。私は当時かなり小さかったのですが、周りの大人から聞いた鬼の大松監督のこと、回転レシーブを初めてみたこと、決勝のソ連戦では父母がかなり力を入れて応援したこと、そして勝った後の選手の涙… まで思い出され、一気に当時へワープしてしまいました。次に目を吸い寄せられたのはパネル写真。涼しい顔をして駆け抜けていくマラソン選手のアベベです。ローマ大会で裸足で走りきり金メダル獲得。裸足のランナーとして有名になり、東京でも2連覇達成。東京では靴をはいていましたね。ガラスケースの中の白いランニングを見れば、重量挙げの三宅選手も金メダリストだったと思い出しました。小さいからだなのにどんどん重いバーベルを上げていく状況を見ているのも怖くて「頭に落ちるのでは?つぶされてしまう~ 早くOKサインを出して~」とハラハラして、手で顔を覆っていました。

三軒茶屋・三茶 おすすめスポット 希翠(きっすい) 【頭皮と肌の専門店】

2020年東京オリンピックへつなごう!

展示物を見て回るだけでこんなにもいくつもの記憶がよみがえってきました。前回の東京オリンピックを知らない人は駒沢の地でオリンピックが開催されたことを考えながらワクワクして楽しんでください。聖火トーチのレプリカもあり、これは実際に手に取ることができるので当時のことを思い、その重さを実感して記念撮影してみても楽しいですね。当時の映像も常時放映されていますのでどっぷりと前回のオリンピックに浸ってください。ギャラリーを出るときには必ず2020年の東京オリンピックをぜひ成功させたい!と思うはずです。

三軒茶屋・三茶 おすすめスポット 希翠(きっすい) 【頭皮と肌の専門店】

東京オリンピックメモリアルギャラリー【ギャラリー】

住所:駒沢公園1-1 駒沢オリンピック公園内【MAP】

営業時間:9:30AM~5PM

定休日:第1・3月曜(祝日なら翌火曜)・年末年始12/31~1/2

TEL:03-3421-6299

URL:http://www.tef.or.jp/kopgp/gallery.jsp

備考:小中学校など団体入場の場合は、事前申し込みすると説明や案内などに対応してくれます。