• サイトTOP>
  •  駒沢女の酒場めぐり -001 George(ジョージ)-

駒沢 駒沢女の酒場めぐり

駒沢女の酒場めぐり George(ジョージ) アメリカン

自由通りで夕暮れ酒

2016.07.16 hiroko

記念すべき1店め。
駒沢大学駅から徒歩2分、自由通りに面した駒沢食堂Georgeさん。お店は2階にあり見上げると何やらおしゃれ感が流れて通りを歩く私を手で招くんです。(本当かよ)

18:30 こんばんは~(ひとりごと)テラスに座りまずは暑かった1日よく頑張ったよー(いいわけ)と言いながら美しい黄金色のスパークリングワイン(1200円)を注文。

駒沢女の酒場めぐり George(ジョージ) ワイン

くくーっと一気に飲むのはもったいない。

…し・か・し無理だった。2口で飲み干し…… はいお次。喉をかすめただけの炭酸では我慢ができん。とにかく潤う何かが欲しい。考えてはみたものの行き詰まり、「えい、行ってしまえ~」バーカウンターに移動しお店の方に相談。メニューを見ながらいくつかお勧めを伺いつつも「ビールだろ?」という心の声(つまり人の話を聞いちゃいないってことか)

駒沢女の酒場めぐり George(ジョージ) ビール

ジョッキかと思いきや大きくてよく磨かれたグラスにお店の方が丁寧に注いでくれる。泡が細かく、現れては消えていく様子を見守るのも美しい。ビンのラベルもちょっと可愛い。おっと見ている場合ではない。早く飲まねば… 早く消える前の泡を楽しむんだ。

ぐびっと…。

ガンガン攻めてきたが、ここで一息。まわりをきょろきょろ。おや? Georgeさんは実はアメリカンのお店だったことに気付いたのだ。(遅いわー)メニューを改めて見てみると前菜(温、冷)、サラダ、肉・魚料理、オマール海老1匹まるごと入ったパスタなどアメリカ料理を存分に味わえる。特におすすめのメニューは店内の黒板に手書きで紹介してある。お酒の楽しみだけではなく、お腹の楽しみも満たされそうだ。女子会でも使えるんだな… 次回はと思いつつ。

3杯め。ツシマTsu shi ma(690円)というカクテル。
「これ頼んだか?」ブルーキュラソー、レモンリキュール、グアヴァ、トニックウォーターで作ってありますと説明があったものの、若干気分の高揚もあってか2度聞き直し、メモ。

駒沢女の酒場めぐり George(ジョージ) カクテル

19:00が過ぎて… 外が次第に薄暗くなり、テラス席のテーブルにはカクテルを引き立てる明かりが灯される。酔い良い。ツシマは少し甘めだけれどレモンリキュールが入っているせいか爽やか。色も涼しげ。お酒を飲む雰囲気が好きな女子向けかな?(私も女子ですが)

30分で帰ろうと思っていたのにはや1時間近く。 長く居座っているのだが、ひとりでいても楽しませ、そっとしてくれているお店の雰囲気なのだろうか、心地よくリラックスしている。

そろそろ締めの1杯。(まだ飲むんです)

冷たいお酒ばかり飲んできたので常温の飲み物… そうだ赤ワインで。 たくさんのワインはあるのだが、グラスで頂ける中で選んだのは南アフリカのLion Creek(650円)。重すぎないけれど味わいあふれるバランスの良い1杯。飲み干したところでにやり。

駒沢女の酒場めぐり George(ジョージ)

「ふふ、何と楽しいひと時か・・」ひとりで飲み、今日1日を思い、すべて空になっていくグラス達をながめている。さて次はどこで何を飲もうかな?

  

駒沢女の酒場めぐり 今日のお店

駒沢女の酒場めぐり George(ジョージ)【アメリカン】

George(ジョージ)【アメリカン】

世田谷区駒沢1-3-1 駒沢グリーンビルディング2F

TEL&FAX 03-3410-5489

営業時間 11:00 - 24:00

定休日:無休

HP http://georgegeorge.co.jp