駒沢公園倶楽部 駒沢在住の女性による駒沢のグルメ・ショップ・街情報

ランニング・ジョギング 駒沢公園
角田進 走ることから得たこと

駒沢公園 駒沢公園とは 駒沢公園 ABOUT US 会社概要 駒沢公園 CONTACT  お問い合わせ 駒沢公園 TOP
駒沢公園 CONTENTS
駒沢公園 ご推薦住まい情報 駒沢住宅
駒沢公園 おすすめスポット 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 ライブレポート 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 オーマイスイーツ 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 駒沢フライヤーズ 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 駒沢○○マップ 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 イベントピックアップ 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 ストリートスナップ 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 コマザワナシーン 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
駒沢公園 駒沢でランチしよ!
 
駒沢公園倶楽部 過去のコンテンツ
駒沢公園 駒沢公園周辺の街情報募集 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
 
 

角田進さんが語る。- 楽しく走ろう -

「走ること」で世界が広がる。 Rnnners for 駒沢公園倶楽部

第1回インタビュー:「走ることから得たこと」 聞き手:クミコ(取材スタッフ)

角田進さんプロフィール

学生時代は箱根駅伝に出場。卒業後監督としても。

数々のマラソン大会の優勝経験に、46歳フルマラソン年代別日本最高記録も保持。また、国内で最も参加資格の厳しいエリートレース「福岡国際マラソン」に連続18回出場と、素晴らしい経歴の持ち主のマラソンの達人角田進さん。

>> 角田進さんのブログ:『マラソン教室』
>> twitterでもつぶやいています:コチラ

角田進さんが語る。−楽しく走ろう− Rnnners for 駒沢公園倶楽部

46歳フルマラソン日本記録保持者、角田進さんにインタビューする記念すべき第1回。走ることから得たこと、これから走る人のためのお話を伺いました。40年以上走り続けられるその理由とは。

私はランニング歴3年になりますが、走り続けることは難しいなと思う毎日です。角田さんは40年以上走り続けられていますが、長く走り続けられている理由というのは何なのでしょう。

40年走り続けることによって、自分にとって生きること、生かされる世界がひとつ増えたからです。私の人生は「走ること」によって世界が広がり、自分の心がすごく明るなったんですね。

「走ること」によって広がった角田さんの世界って、どんな世界なのですか。

私は小学生の頃、中学受験に向け勉強ばかりの日々でした。いつも眉間にシワを寄せて、しかめっ面。おしゃべりなんて嫌いだったんです。でも、40歳のころにあった同窓会で「角田さん、今の角田さんの笑顔はとっても素敵ですね。小学生の時の角田さんは怖かったよ」なんて言われちゃって。今、私が眉間にシワを寄せていないのは、走っているからだと思うのです。数多くのマラソン経験が講演会などで話すきっかけとなり、大勢の前で話をする機会が増えたんです。すると、内にこもってしまっていた性格が自然に外を向き、性格も変わってきたんですね。苦手だったはずの人前で話すことが楽しくなってきました。社交的にもなりました。よく「マラソンは孤独なスポーツだ」なんて言う人いるでしょ。そんなのウソウソ!マラソンは多くの人と触れあえ、多くの人に支えられてのスポーツなんです。一緒に練習をした仲間、マラソン大会で応援してくれる沿道の人々、縁あって私が指導する生徒の方々。講演会で出会った方々。今、こうやってお話させていただいているのもそう。こんなにたくさんの人と出会えた世界が「走ること」で得られたのです。結果、私の人生は大きく広がり「走ること」は欠かせないものとなったわけです。

なるほど。マラソンは孤独なスポーツではないんですね。…でも、きつくって辛いのも事実だとも思うんですが…角田さんにとって「走ること」が楽しくなったのは、どういうところからなのですか。

マラソンの楽しさは、「ごまかしが効かない」「積み重ねが成果となる」ことだと思います。たとえ走りすぎて故障してしまっても、それを乗り越えると確実に自分自身がランクアップしているんです。「走ること」の積み重ねが確実に成果となって自分に返ってくるのです。こんな経験ができるのはすごく楽しいことで、人生においてもとても大切なことだと思うんですよ。そして、もう一つ。毎年ランニング計画を立てて、1年間を季節、1か月、1週間に分け、それぞれ厳しい目標を設定して走っていました。その自分で立てた厳しい目標を達成することで、その都度ゴールを体感できるのです。1週間の目標達成=ゴール!次の1カ月の目標へ・・・と計画の達成へ向けて走るのです。たとえ完全達成できなくても、目標に向かって力を尽くしたことは間違いないことなのです。達成できれば言うことがないのですが、達成できなくても、それに向かって自分が頑張れたことが、嬉しいことなのです。走っていると嫌なこともみんなどこかへいってしまいますしね。

角田進さんが語る。−楽しく走ろう− Rnnners for 駒沢公園倶楽部

角田進さんが語る。−楽しく走ろう− Rnnners for 駒沢公園倶楽部

私は歩くことから始め、だんだんと距離を伸ばし走れるようになりました。これもまさに日々の積み重ねの成果なんですね。今までのお話と重複するかもしれませんが、角田さんにとってズバリ「走ること」とは?

「走ること」は、速く走ることがすべてではない…私は「走ること」によってできた多くの人との繋がりが、とても大切なものとなりました。最近は「神様がいて、マラソンと私を引き合わせてくれたに違いない」と思うようになりました。「走ること」で健康で明るい毎日を過ごすことができているんですから…。ランニングの指導をして喜ばれ、大勢の前で話をすることができて、その結果たくさんの人とも出会えました。自分の世界もできました。気分もリフレッシュできて、体調も整う。本当に良いことばっかりなのです。そんな素敵でかけがいのないものを、私は「走ること」で得ることができたんです。

お話ありがとうございました。角田さんの「走ること」への想いがよく分かりました。「良いことばっかり!」の「走ること」を 私も続けていきたいと思います。次回は、実践編として「シューズ&ウェアの選び方」をうかがいます。次回もどうぞよろしくお願いします。

 
 
第2回: 「シューズ・ウェアの選び方」
第3回: 「ランニングを始める前に」
第4回: 「長距離を走ろう!」
第5回: 「ランニングと食の関係」
第6回: 「マラソンを走るためのトレーニング」
 
ランニング教室レポート
         ▲ 角田進さんをコーチに迎え、全3回で開催された「ランニング教室」をレポートします。
Runners for 駒沢公園倶楽部 へ戻る
 
 
 
駒沢公園 戻る 駒沢公園 PAGE TOP
 
 
 
  駒沢公園 プライバシーポリシー 駒沢公園 リンクについて 駒沢公園 お問い合わせ  
Copyright (C) 2012 駒沢公園倶楽部 All Rights Reserved.
パートナーサイト   自由が丘℃三茶TRIPマンスリーマンション 東京・神奈川・横浜・埼玉 快適マンスリー明和住販流通センター