• 駒沢 ライブレポート
  • 駒沢で開催されているイベントやスクールなどに、実際に取材スタッフが参加。
    その模様をみたまま、感じたまま出来るだけナマのままお伝えするのが「ライブレポート」です。

駒沢 肉フェスTOKYO 2017秋 

ANA CUP第42回日本ハンドボールリーグプレーオフ

取材日:2018/3/25 文:ヒロコ

3/23~3/25駒沢体育館で行われました。25日男子決勝戦を観戦してきました11月からのレギュラーシーズンを戦ってきた上位4チームが王座を争うこのプレーオフ。昨年は一観客として2階席から観戦したのですが、今年はピッチで試合の緊張感と迫力を味わってきました。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

大崎電気VSトヨタ車体 白熱の気配!昨年も優勝した大崎電気。ハンドボールに詳しくない人でもこのチーム名は聞いたことありますよね。選手の鍛えられた脚、引き締まった身体。白熱する試合になる気がしました。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

ボールの謎。試合前のアップの時からボールまわしの速さ、とてつもないジャンプ力。同じ人間とは思えない…と思っていたらボールが飛んできたんです。選手に返そうと拾ってみるとそのボールがべチャッと手に張り付きました。えっ何?後でわかったことですが、しっかりとボールを保持するため手に松ヤニをつけてるそうです。知らなかった~。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

試合開始!
始まると動きが速い速い。縦横無尽にパスをしながら相手のゴールを目指し走ります。ゴール前ではフェイクプレーを加えながらタイミングを狙っているのです。時にはゴールポストに思いっきりの力を込めたボールがぶち当たってはね返ります。ガゴーン、キーン。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

体がぶつかり倒れこみ、起き上がってはまた走るのです。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

パスをインターセプトした時は一気に相手ゴールまでボールを持ち込んで倒れこんでのジャンプシュート。決まった時は気持ち良いだろうな~。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

観客も選手と共に会場は試合開始前からものすごい応援。応援団、チアが選手に届けとばかり声を張り上げています。 応援に応えるように選手も観客席に向かってアピール。選手の気持ちを高揚させますね。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

最後の砦、ゴールキーパーのパフォーマンス。彼の体の柔軟さに驚きました。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

優勝が決まった後の選手たちの喜びの円陣。観客に手を振ったり、拍手したり。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

厳しい勝負の世界。選手の力はもちろんだけど、熱い応援を送ってくれるサポーターがいるからこそ選手は体を張って頑張れる。見守る観客には、負けても勝っても心に残る何かがあります。それがスポーツの魅力ですね。

駒沢公園倶楽部 MOVIE

選手のゴールの瞬間をご覧ください!