• 駒沢 ライブレポート
  • 駒沢で開催されているイベントやスクールなどに、実際に取材スタッフが参加。
    その模様をみたまま、感じたまま出来るだけナマのままお伝えするのが「ライブレポート」です。

駒沢 肉フェスTOKYO 2017秋 

第23回全日本フットサル選手権大会

取材日:2018/3/11 文:ヒロコ

初観戦でひとり熱~く盛り上がった! 3月9日(金)~11日(日)駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で全日本フットサル選手権大会決勝リーグが行われました。私が観戦したのは11日。3位決定戦と決勝戦の2試合。試合開始前からサポーターやフットサルファンで会場は声援と鳴り物で盛り上がっていました。その様子をレポートします。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

3位決定戦前の撮影で雄たけびをあげる選手たち。気合い十分です。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

ボールの奪い合い。選手たちはボールだけに集中していて足がからみそうで絡まない、さすが。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

相手がキープしているボールを奪いに走る、走る。足の筋肉は見とれるほどキレイ。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

3位獲得チーム、湘南ベルマーレ。ロドリゴ選手のほっとした良い表情とサポーターの前で見せたチーム全員での勝利のダンス。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

いよいよ決勝戦。名古屋オーシャンズ対シュライカー大阪。対戦チーム試合開始前の撮影。緊張の中にも笑顔が見られます。両チームともがんばれ!

駒沢 第23回フットサル選手権大会

前半からエキサイトした激しい試合になり、転倒者も。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

体や足ががんがんぶつかり、負傷者続出。担架で運ばれる人までいました。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

決勝戦での初ゴーーーール!喜び合う選手たちです。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

応援するサポーターのテンションMAXです。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

ボールは思ったより小さ目。ボールを蹴りながらも誰にパスしようか周りを見ています。一瞬の決断力も求められるんですね。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

一対一の対決!足さばきに目がついていかない(ガーン)

駒沢 第23回フットサル選手権大会

名古屋オーシャンズのペドロ監督!この表情に思わずカメラを向けてしまった。選手以上に熱かったですよ、監督。1点取ったどーと言ってる?(気がします)

駒沢 第23回フットサル選手権大会

優勝が決まった瞬間に集まったチームメート。肩を抱きあっていつまでも飛び跳ねていました。

駒沢 第23回フットサル選手権大会

チームには外国人もわりといたんです。彼はブラジルの国旗を巻いていますね。ほかにもイタリア、スペイン、ポルトガルの人もいました。

三軒茶屋・三茶 MOVIE

全日本フットサル選手権大会を見て…

ゴールキーパーを入れても1チーム5人。ピッチの中には10人。前半10分、後半10分。 サッカーのことを考えると試合時間は短いし、ピッチは狭いし、それほどエキサイトしないのかもね・・なんて思ってたら大まちがい。 速い動き、足さばき、パス回し、瞬発力、鍛えられた体、筋肉。 初めてま近で見たフットサルは格闘技並みいやそれ以上の迫力と興奮を私にぶつけてきました。 狭いからこそ蹴り合うボールの速さが尋常でなく、目でボールを追うのが難しいほど。 選手たちは一つのボールを奪いあい、ゴールを目指す。 単純だけれど一瞬の判断と感覚、経験がゲームの行方を左右する繊細なスポーツだと感じました。