駒沢公園倶楽部 駒沢在住の女性による駒沢のグルメ・ショップ・街情報

ワイン 料理 レシピ
エスポアナカモト

駒沢公園 駒沢公園とは 駒沢公園 ABOUT US 会社概要 駒沢公園 CONTACT  お問い合わせ 駒沢公園 TOP

駒沢エリア専門の不動産情報 駒沢住宅

 
駒沢公園倶楽部 過去のコンテンツ
駒沢公園 駒沢公園周辺の街情報募集 駒沢公園周辺の生活・賃貸不動産情報
 
 

この人がすすめるから。

弦巻のワイン店「エスポアナカモト」さんが、フランス家庭料理を中心とした、ワインと合うヨーロピアンキッチンレシピを毎月ご紹介します!四季折々の食材とワインのマリアージュを楽しみませんか?

  • 店長の中本雅敏さん

エスポアナカモト [ワイン・酒]

04|03|0201
  • 夏はカレー! 東インド地方のチキンカレースープ
  • #024

「マリガトーニ・スープ」

ルッコラのサラダ

  材料   (4人前)  
  ・鶏肉(胸・もも)   400〜600g  
  ・トマト (熟したもの)   大2 個  
  ・玉ねぎみじん切り   大1/2 個  
  ・にんじんみじん切り   小1 本  
  ・セロリみじん切り   小1 本  
  ・ピーマンみじん切り   2 個  
  ・りんご薄切り(紅玉)   小1 個  
  ・バター   大さじ2  
  ・小麦粉   大さじ3  
  ・カレー粉   大さじ1〜2  
  ・パセリみじん切り   1 枝  
  ・チキンスープ   800 cc  
  ・塩・こしょう   適宜  
  • ① 鶏肉に塩・コショウをする。
  • ② トマトは種を取って、乱切りにする。
  • ③ 深鍋にバターを熱し、玉ねぎ、にんじん、
      セロリ、ピーマン、りんごと鶏肉を炒め、
      小麦粉、カレー粉を加えて、さらに炒める。
      チキンスープを加える。
  • ④ 約一時間ほど弱火で煮る。味がなじんだら
      鶏肉を取り出し、一口大に切る。野菜とス
      ープはしっかり漉す。旨味を出す。
  • ⑤ 鍋に漉したスープと鶏肉を戻し、味を調える。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • ドメーヌ・ドゥ・ラルジョル (南仏ラングドック地方)
    ラルジョル・ルージュ 2013 (赤、軽快)
  • あっさりとしたスープにはあまりワインを合わせませんが、しっかり味のスープにはぜひパンと共にワインがあるといいものです。良く冷してグイグイ飲める「冷し赤」の代表銘柄でもあるラルジョル・ルージュは、カレー風味とも美味しく、のど越しも心地よく楽しめます。1,512円(税込)

  • 夏らしいシンプルサラダ
  • #023

「ルッコラのサラダ」

ルッコラのサラダ

  材料   (4人前)  
  ・ルッコラ   2〜3 袋  
  ・パルミジャーノレッジャーノ
 (かたまり)
  適量  
  ・トマト   2 個  
  ・ヴィネグレットソース      
 
  塩・コショウ 
  適宜  
 
  赤ワインヴィネガー
  大さじ2  
 
  ディジョンマスタード
  大さじ1弱  
 
  エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
  大さじ6  
  • ① ヴィネグレットソースを作る。ボールにオ
      イル以外の材料を合わせる。オリーブオイ
      ルを少しずつ加え、トロリと乳化した状態
      のソースを作る。
  • ② 洗って水気を切ったルッコラをサービスするボウルに入れる。トマトは食べやすい大きさに輪切り
      し、ルッコラの上に散らす。
  • ③ パルミジャーノ・レッジャーノは、皮むき機を使って薄い花びらのように削り、②の上に彩りよく、
      たっぷりのせる。
  • ④ ①のソースを食べる前にかけて供す。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • ドメーヌ・ドゥ・ラルジョル(南仏ラングドック地方)
    ロゼ・ドゥ・シラー・カベルネ 2012(ロゼ、すっきり辛口)

  • 安定感バツグンのラルジョルの造るロゼは、南らしく果実味に富みすっきりと飲める辛口ロゼ。夏場にギュっと冷して美味しく、食事も幅広く楽しめます。カジュアルなサラダなどにもオススメです。2,044円(税込)

  • スッキリ白ワインと爽やかに…
  • #022

「魚介のレモンマリネ」

魚介のレモンマリネ

  材料   (4人前)  
  ・ゆでだこ   200 g  
  ・玉ねぎ(極薄切り)   1 個  
  ・レモンの輪切り      
  ・マリネ液      
 
  白ワインヴィネガー
  100 cc  
 
 
  100 cc  
 
  グラニュー糖
  大さじ 3  
 
  タイム(乾燥)
  小さじ 2/3  
 
  ローリエ(乾燥)
  1 枚  
 
  クローブ(丁子)
  3 本  
 
  唐辛子
  小1 本  
 
 
  少々  
 
  オリーヴオイル
  大さじ1  
  • ① 鍋にマリネ液用の全材料を入れて火にかけ、
       沸騰したら火を止めて、玉ねぎとレモンを
       入れる。粗熱が取れたら、ローリエ、
       クローブ、唐辛子を取り出す。
  • ② マリネ液にぶつ切りにしたたこを漬け、
       冷蔵庫で冷やす。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • シャトー・ガイヤール(ロワール地方)
    トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン 2012(白、すっきり辛口)

  • いち早く自然栽培やビオデナミ(生力学栽培)に取り組み、この分野のリーダー的存在なのが、この蔵のオーナーであるヴァンサン・ジロー氏。イキイキとした
    フレッシュな風味にしっかりと味わえる旨味に生命力を感じます。酸味を生かし
    た料理とはピッタリの相性。 2,121円(税込)

  • 超簡単!春色オードブルを華やかなロゼワインで…
  • #021

「たらこのディップ」

たらこのディップ

  材料   (4人前)  
  ・たらこ(食用)   1 腹  
  ・サワークリーム   200 cc  
  ・セロリ、きゅうり、にんじん
 ラディッシュなど
     
  • ① たらこの皮をとり、中身を出しておく。
  • ② サワークリームと①を良く混ぜ、味を調える。
  • ③ 野菜を食べやすい大きさのスティック状に切っておく。
  • ④ ②を器に入れ、③と共に、大皿に盛りつける。 クラッカーなどともオススメ。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • ムリニエ(南仏ラングドック地方)
    サンシニアン・ロゼ 2012(ロゼ、すっきりやや辛口)
  • 一般的に魚卵とワインは合わせにくいと言われますが、たらこにサワークリームを和えることにより白ワインでも赤ワインでも美味しくいただけます。中でも色合いと共にロゼは最高です。甘味の残らない辛口は季節的にもこのおつまみにピッタリです。 1,912円(税込)

  • 旬の味わいをスッキリ白ワインで…
  • #020

「あさりとじゃがいものサラダ」

あさりとじゃがいものサラダ

  材料   (4人前)  
  ・あさり   500g  
  ・新メークイン薄切り   大3 個  
  ・ねぎ薄切り   小1 本  
  ・玉ねぎみじん切り   1/2 個  
  ・エシャロットみじん切り   2 個  
  ・白ワイン   200 cc  
  ・バター   80 g  
  ・生クリーム    100 cc  
  ・粒マスタード    小さじ1  
  ・オリーブオイル      大さじ2  
  ・タイム    1 枚  
  ・ローリエ    1 枚  
  ・シブレットみじん切り    少々  
  ・塩、こしょう     適宜  
  • ① フライパンにバター40gを溶かし、焦がさ
       ないようにエシャロットを炒め、あさり
       を加える。
  • ② 白ワイン150cc、タイム、ローリエを加え、
       ふたをして約10分中火にかける。
  • ③ ②の貝を取り出し、ゆで汁はこし、貝と別
       にしておく。
  • ④ じゃがいも、ねぎ、玉ねぎは残りのバター40gで焦がさないように炒める。
  • ⑤ ④に残りの白ワイン50ccを加え、アルコールを飛ばしてから、③のゆで汁を加える。
       味をみて、塩辛いようなら水で調節する。
  • ⑥ ⑤に生クリーム、オリーブオイル、あさりを加え、塩、こしょう。温まったら、盛り付ける直前に
       粒マスタードを加える。器に盛り、シブレットを振り掛ける。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • マーク・ペノ(ロワール地方)
    ラ・フォルブランシュ 2010 (白、すっきり辛口)
  • フォルブランシュ種はロワール地方のミュスカデ地区などで地酒として飲まれている品種です。多くのこの品種の白ワインは酸味がとても強く中々親しみにくいワインですが、ペノさんの手にかかると酸味はそこそこあるもののまろやかで旨味しっかりの辛口になります。このシャープな味わいがアサリなどと美味しくいただけます。
    2,270円(税込)

  • ワインもすすむ まろやかな ブルーチーズソ―ス!
  • #019

「牛フィレ肉のブルーチーズソ―ス」

豚肉のロースト

  材料   (4人前)  
  ・牛フィレ肉   4 切れ  
  ・ベルギーエシャロット
(みじん切り)
  1 個  
  ・ビーフブイヨン   200 cc  
  ・生クリーム   100 cc  
  ・ブルーチーズ   100 g  
  ・じゃがいも   4 個  
  ・シブレット      
  ・サラダ油       
  ・無塩バター      
  ・塩・コショウ       
  • ① 牛フィレ肉は両面に塩、コショウ。
       フライパンで前面に焼き目をつけながら、
       好みの焼き加減で取りだす。
  • ② エシャロットを鍋に入れてバターで炒め、
       ふたをして蒸し煮にする。ブイヨンを加え、
       半量になるまで煮詰め、生クリームを加え、
       さらに10分煮込む。
  • ③ じゃがいもは皮を剥き、1cm角の拍子木切りにし、軽くゆでてから高温の油で揚げ、
       熱いうちに塩、コショウ。
  • ④ ②のソースに裏ごししたブルーチーズを加え、溶けるまで弱火にかけ、塩、コショウ。
       シブレットのみじん切りを加える。
  • ⑤ 皿に①のフィレ肉をカットしておき、ブルーチーズソースをかけ,フライドポテトを添える。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • エステザルク農協(コート・デュ・ローヌ地方)
    テール・ドゥ・ソレイユ 2012 (コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ「シニャルグ」)(赤、ややコクあり)
  • 牛フィレ肉の香りとブルーチーズの風味が見事にマッチした逸品。やはり味わいしっかりの赤ワインとオススメです。決して重たい赤ではありませんが、香り、コクともにバランスのいい仕上がりです。フランスでも数少ない自然派農協です。
    2,080円(税込)

  • 南仏家庭料理 定番アイテム!
  • #018

「豚肉のロースト」

豚肉のロースト

  材料   (6〜8人前)  
  ・豚肩ロース固まり肉   1 kg  
  ・塩   大さじ2  
  ・エルブ・ドゥ・プロヴァンス   大さじ2  
  ・小玉ねぎ   6〜8 個  
  ・じゃがいも   6〜8 個  
  ・にんにく   6かけ〜  
  ・ミニトマト   12 個〜  
  ・オリーヴオイル      適宜  
  • (オーブン余熱200℃)
  • ① 豚肉は塩、エルブ・ドゥ・プロヴァンスをす
      り込んで、ポリ袋に入れ、一晩冷蔵庫におく。
  • ② ①の肉を軽く水で洗い、水気を拭いて焼き皿に入れ、皮を剥いた小玉ねぎ、へたを取ったトマト、
      皮付きのジャガイモとにんにくを肉の周りに並べ、オリーブオイルをまわしかける。200℃のオー
      ブンで1時間ほど焼く。途中で肉の上下を返す。肉汁をかける。
  • ③ 金串をさし、火の通りをチェックする。
      すぐに切り分けず、10分ほどアルミホイルをかけて休ませる。

      ※ オーブン料理は、火加減がポイントです。
        表面が焦げそうなときはホイルをふんわりかけてください。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • ムーラン・ドゥ・ガサック、アルバラン(ラングドック地方)
    カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー (赤、コクあり)
  • パーティにも大活躍の塊肉、ジューシーな豚肉にはややしっかり目の赤ワインがオススメです。凝縮感がありながら、渋さに角はなくまろやかです。コストパフォーマンスいっぱいの充実の赤です。樹齢の高いぶどう樹は根の張りも深く、ミ
    ネラルも豊富です。 1,780円(税込)

  • 寒い日にオススメ アルザスのスープ
  • #017

「ビール風味のスープ」

モンゴウイカのトマト煮

  材料   (4人前)  
  ・バター   50 g  
  ・玉ねぎ薄切り   50 g  
  ・小麦粉    25 g  
  ・ビール   150 cc  
  ・チキンブイヨン   500 cc  
  ・塩・こしょう   少々  
  ・パン・ド・カンパーニュ
(食パン等でも可)
  少々  
  ・生クリーム      50 cc  
  ・セルフィユ(またはパセリ)
 みじん切り
   少々  
  • ① バター半量を鍋に溶かし、玉ねぎを少し茶
      色く色づくまで炒める。小麦粉を加え、薄
      茶色になるまで炒め、ビールを注ぎ煮溶か
      す。
  • ② ブイヨン、塩、こしょうを加えて、煮立った
      ら弱火にして20分ほど煮込む。
  • ③ 残りのバターで、カットしたパン・ド・カンパーニュ(他のパンでも)をカリカリになるまで
      炒め、クルトンを作る。
  • ④ ②をミキサーにかけ、鍋に戻し、生クリー ムを加えて温め、味を調える。セルフィユのみじん
      切りを加え、クルトンを添えてサービスする。
  • レシピに合うおすすめの1本
  • *今回のレシピに合うおすすめの1本
  • ジェラール&ブルーノ・シュレール(アルザス地方)
    ピノ・ブラン(白・すっきり辛口)
  • スープはビストロなどで前菜のメニューに良くあります、ですからメインの料理によってのワイン選びでいいかと思います。でも冷たい白ワインを口にしながら熱いスープをいただくのも美味しいものです。そこで同じアルザス地方のワインなんていかがでしょう。シュレールはアルザスのみならず、フランスを代表する自然派の生産者です。旨味溢れる滑らかな味わいは、自然派ワイン好き注目の的です。 2,411円(税込)

04|03|0201
  駒沢公園 プライバシーポリシー 駒沢公園 リンクについて 駒沢公園 お問い合わせ  
Copyright (C) 2012 駒沢公園倶楽部 All Rights Reserved.
パートナーサイト   自由が丘℃三茶TRIPマンスリーマンション 東京・神奈川・横浜・埼玉 快適マンスリー